離婚弁護士にかかる報酬について

離婚弁護士に依頼して離婚をする場合は、どのくらいの費用がかかるものでしょう。これは地域にもよりますし、もちろん事務所や夫婦の財産の評価額にもよりますが、大体50万円から70万円程度とされています。一般に離婚の方法としては、話し合いによる協議離婚、話し合いで解決できなかった場合の調停離婚、調停でも合意に達しなかった場合の、裁判による離婚があります。このうち弁護士が本当に必要なのは、裁判による離婚のみです。しかし、協議離婚や調停離婚であっても、弁護士に依頼することで書類を作ってもらう、あるいは書き方を教えてもらうというメリットがあります。また、弁護士に依頼することで、本人に有利な形で離婚を進めることもできますので、話し合いや調停による離婚であっても、依頼しておくとプラスになることもあります。

離婚弁護士の費用の設定について

離婚弁護士にかかる費用は、大きく分けて離婚そのものの費用、そして慰謝料や財産分与によるものと2段階の設定になります。たとえば弁護士の着手金と報酬とが、それぞれ30万円ずつで合計60万円とします。これは純粋に離婚のみの費用です。その後慰謝料や財産分与が1500万円あったとします。するとこの分に対しても、着手金と報酬とが発生することになるわけです。この場合、着手金と報酬の両方が加算されるタイプと、報酬のみが加算されるタイプの2通りがありますので、相談の時に聞いておくのがいいでしょう。もし報酬のみが加算される方法で、獲得額の10パーセントを報酬として得る場合は、1500万円の10パーセントである150万円が加算されることになりますので、60万円と合わせて計210万円が、弁護士費用としてかかることになります。

法テラスを利用する方法もあります

しかし離婚はしたいけれど、弁護士に支払うだけの費用がないということもあります。そのような時にお勧めなのが、法テラスの無料相談です。法テラスの場合は民事法律扶助といって、一時的に弁護士費用を肩代わりしてもらうことができます。もちろん一時的なものですので、後から分割で返済することになりますが、一度にまとまったお金を出せない時には便利です。ただしこの場合は、収入が一定基準以下の場合に限られます。また法テラスで相談すると、その人が抱えている問題に合った弁護士を紹介してもらえます。離婚をしたいけれど、知り合いに弁護士がいないとか、どの事務所に頼んだらいいのかわからないという時には、まず法テラスに予約を入れて、相談に行くようにするのがいいでしょう。また裁判や調停の悩みも、法テラスで受け付けてもらうことができます。