離婚弁護士と普通の弁護士の違いとは

日常生活における様々なトラブルに関して、法的な専門知識を持って解決を助けてくれる代表的な職種として弁護士が存在します。業務形態には、大きく、個人事務所として業務を行うケース、企業の法務部で活躍をするケース、主に大企業など国際的な事案を中心とする大手事務所などがあり、一般的には在籍弁護士が1名から複数名の事務所が利用されています。弁護士は原則、民事から刑事までオールマイティーに対応を行いますが、弁護士にも得手不得手があり、どの分野に強みがあるのかよく確認をした上で依頼をすることが大切なことになります。強みのある弁護士の場合には分野名を付けて呼ばれることも多く、離婚弁護士はその中の1つであり、他に広く知られているものとしては車でのトラブルを中心に扱っている弁護士が存在します。

依頼をすることによるメリットについて

まず、離婚弁護士は離婚に関連する事案に強い弁護士のことを指し、業務自体、例えば法的に分類が行われているわけではありません。離婚に関しての実績や解決へのノウハウがあるなど強みがあることや、業務として特化をしていることからそう呼ばれています。依頼をするメリットとしては大きく2つの内容を上げることができ、ここでは代理交渉と、トラブルの回避が該当します。まず、代理交渉に関しては、相手と顔を合わせなくて済み、家庭裁判所や、最悪、本訴訟となった場合にも弁護士が代理で行ってくれます。中でも大きな点として養育費や親権の交渉があり、本人ではなかなか話がつかない内容に関してもスムーズに取り決めを行うことが可能となります。トラブル回避に関しては、例えば交渉中に相手側から嫌がらせがあった場合に法的に対処できることがあります。離婚後においても同様に、取り決め内容を相手側が履行しない場合には法的に対処をすることができ、万が一慰謝料などを払わない場合には強制執行手続きもスムーズに行えます。

弁護士を選ぶ場合に押さえておきたいポイントについて

離婚問題の解決を弁護士に依頼をする場合の選び方は、最も重要な点として依頼者側が求める利益をどの程度まで具体化できるのかということがあります。サイト等では選ぶ基準として、離婚のデメリットやリスクを説明してくれることや、弁護士への信頼がありますが、まず、相談を入れる段階になっている場合では依頼者の離婚への気持ちが既に固まっているケースがほとんどであり、ここでは、離婚問題に実績とノウハウを持つ弁護士を選ぶことが重要になります。万が一、相性が悪い場合などでは弁護士を変えれば対処をすることができるために、慰謝料、生活費、親権等に関して希望に沿った内容を勝ち取ってくれる弁護士に依頼をすることが大切です。選ぶ場合のポイントとしては他に費用があります。費用は弁護士事務所によって異なるために相談時に内容をよく確認をすることが大切になりますが、相場としては総額で50万円程度となっています。内訳は他の事案と同様に、法律相談料、着手金、成功報酬があり、相談料に関しては無料としている事務所も数多く存在します。