離婚弁護士に依頼することのメリット

ここ数年、離婚をする夫婦が増加し続けています。その背景としては、女性が社会で働くようになり、男性に生計を頼らなくとも生活するだけの経済力を持ったことがあげられます。また、以前は離婚と言えば協議離婚が大半でしたが、日本人の意識も徐々に欧米化しており、訴訟に対する抵抗感がなくなり、離婚の条件については訴訟を起こしてでも徹底的に争う傾向が顕著に見受けられます。そこで、登場したのが離婚弁護士です。彼らは、離婚に特化した弁護士であり、専門的な知識と経験を誇っていることから、非常に頼りになる存在として認知されています。元々はテレビドラマから派生した言葉ですが、今では一般的な言葉として、広く使用されています。もちろん、正式にこういった名称の弁護士がいるわけではなく、離婚を得意分野としてアピールしているに過ぎません。

歯根裁判において争点となる事項

離婚をする際に夫婦間で争点となる事項は、主に親権、財産分与、慰謝料、教育費の4点になります。これらを夫婦間で決めようとすると、長い時間がかかるか、いつまでたっても争うばかりで決まりません。というのも、当事者間だと感情が先行してしまうので、冷静な判断ができなくなるのです。特に新権については、双方とも譲りませんから、解決することはありません。そこで、第三者の判断に委ねることになりますが、離婚の場合、いきなり訴訟を起こすことはできません。まずは家庭裁判所を通じて調停を行い、調停員から和解案が提示されます。これに合意できないとしたときに、初めて訴訟を起こすことができます。さて、弁護士の出番ですが、それぞれの事案によって異なるものの、調停の手続きを行う当たりで、当人に変わって手続きを進めていくのが一般的です。

離婚弁護士に離婚協議を依頼するメリット

離婚弁護士とはあくまでも俗称ですが、彼らがなぜこのように呼ばれるかと言うと、離婚に関する訴訟に絞って弁護を引き受けていることから、高い知識と豊富な経験を持ち合わせているからです。もちろん、弁護士によっては離婚協議を専門としながら、他の案件を扱っている人もいます。決して、離婚問題しか扱えないわけではありません。さて、離婚に特化した弁護士に依頼するメリットは、それを専門的に扱っていることから、より交渉を有利に進めることができる点です。訴訟全般に言えることですが、その勝ち負けは弁護士の力にかかっていると言っても過言ではありません。つまり、弁護士の優劣によって、裁判結果が大きく異なることもあり得るという事なのです。こういったことから、離婚訴訟を戦わなければならない事態に陥った際は、経験値と知識を兼ね備えた弁護士に、できるだけ早い段階で相談することが大切なのです。

当事務所のように離婚弁護士に依頼をすることで少しでも有利な解決・結果を得られることが期待出来ます。 離婚をするにあたってしなければならないことを当事務所の弁護士が丁寧に分かりやすくしっかりお伝えしていきます。 皆様が安心してご相談出来るよう、HPにて当事務所の弁護士プロフィールを掲載しております。 離婚弁護士探すならオーセンス